HUMAN

newgraduate 人と出会うことは、
新しい自分と出会うチャンス。

人事総務部
Y. Sugiura

SCROLL

採用される立場から、
採用する立場へ。

就職活動をして行く上で、色々な業種や企業を見ていました。その中でタイカを選んだのは、働いている人の雰囲気から。説明会に参加したとき、人事部の方が営業部や研究開発の方と楽しそうにお話ししている姿がとても印象的でした。部署が違っても、暖かい繋がりがある。その雰囲気に魅力を感じ、タイカに入社することを決めました。入社後は、人事総務部にて採用を担当。採用をされる立場から、一転して採用する立場になったことで、当初は大きな不安と戸惑いがありました。しかし裏を返せば、誰よりも学生に近い立場にいるということ。そのことに気づいてからは、学生の視点で物事を捉えるように業務に向き合って来ました。採用の仕事のなかでも、一番やりがいを感じたのは、やはり内定を承諾してくれたとき。教え子、といえば大げさかもしれませんが、自分が関わってきた学生たちが、内定式を迎えたときには、採用担当としてのやりがいと嬉しさを実感することができました。

仕事をして初めて気づいた、
人と関わることの楽しさ。

同じ人事総務という部署の中でも、採用、教育・研修、人事、労務管理など業務内容は多岐にわたります。いまは採用を離れ、給与業務に取り組んでいますが、これまで関わってきたことがない分野なので、知識不足を痛感しています。しかしその一方で、スキルや知識が身についていくことの楽しさを感じられ、それがやりがいにつながっています。また、人事総務部はあらゆる社員や人と関わる場所。採用業務では学生たちと、給与業務では海外や全国にある工場・事業所にいる社員とのコミュニケーションが必要になります。私自身、人見知りという部分がありましたが、最近では人と関わる楽しさを感じることができました。これは人事総務という仕事を経験したからこその発見。新しい人と出会い、新しい仕事をすることで、新しい自分に出会う。これからもいろいろな業務を経験することで、知識やスキルを身につけていきたい。そして、まだ知らない新しい自分を発見していきたいと思います。

0 100