Team taica Voice New graduate 研究開発室 廣田 智也

負けず嫌いの性格なので、できるまでは絶対にあきらめない。 研究開発室 西村  綺良々 負けず嫌いの性格なので、できるまでは絶対にあきらめない。 研究開発室 西村  綺良々
粘り強い性格が、いまの仕事に合っていると思う。

自分になかった知識を吸収し、
成長していきたい。

現在は、水圧転写用フィルムの開発をしています。ひとつの要素を変えると、その背反作用が出るなど、様々な要素が複雑に組み合わさっているため、バランスを取ることがとても難しい仕事です。失敗も多く、毎日が勉強という感じです。学生時代は男子に混じって、長距離選手として活躍していました。もともと女子が少ない学校だったので、毎日、男子と同じメニューをこなしていました。とてもハードでしたが、あの頃培われたものがあるから、何度うまくいかなくても、めげずに立ち向かえる気がします。また、一度決めたら、最後まで粘り強く戦う負けず嫌いな性格も、いまの仕事に役立っているかもしれません。

世界で認められるヒット商品を自分の手でつくりたい。

お客様に喜んでいただけることが
一番のやりがい。

入社してもうすぐ2年がたちますが、特にやりがいを感じたのは、顧客要求のマイナーチェンジ意匠開発が完了し、技術移管できた時です。初めて一から携わった開発で、朝早くから量産設備を借りて検証する日々が続きました。トライ&エラーを繰り返し、ようやく顧客から意匠承認をもらうことができたのです。自分が携わったものが世に出回ると考えると、とても嬉しくワクワクしました。いまの夢は、世界中で売れる新しい商品を作り出すことです。どんなことにも柔軟に対応できて、何事にも挑戦し続ける技術者になり、タイカと言えば「これだよね!」と言われるモノを生み出したいと思います。

仕事を動かし、リードできるような人間を目指す。

待ちの姿勢ではなく、
自分で考え行動しなければいけない。

入社してすぐ、当時の上司から「広い視野を持て、常に疑問を持て。レールにただ乗っている人ではなく、舵をきれる人になってほしい」と言われました。確かに周りを見渡すと疑問だらけ。存在する全てのものに役割・意味があり、当たり前のことだと思っていたことが当たり前ではないと気づかされました。それからは視野を広げるために、いろいろなものに興味を持ち、多面的に状況把握するように意識しています。小さなことですが、検証中に起きた異変や、トライ品の微小な変化点にも気づくようになりました。そして、舵をきれる人間は素早い決断力と勇気がいります。どんな状況にも冷静に対処して自分で新しいものを開拓し、周りを巻き込んでいけるような人になりたいと思います。

西村 綺良々のある一日

7:50

出社

出社して、メールチェック、一日のスケジュールを確認します。


9:00

フィルムの
フロートテスト実験

トライ計画に基づいて、水圧転写を行います。加工適正や物理性能の評価を行います。


12:00

昼食

製造・技術の方々と和気あいあいと楽しく食事をしています。


13:00

来客対応(打ち合わせ)

実験結果を基に、メーカーと打ち合わせを行います。


16:00

実験のまとめ

次回実験の計画立て、午前中に行った実験をまとめた上で、上司と相談しながら次の実験計画を立てます。


19:00

退社

明日のスケジュールを確認して、退社します。


Other Team Taica Voice

新卒採用情報