Team taica Voice career

少し変わり者かもしれない。だから、変わったことをやる。 研究開発室 亀井 隆一 少し変わり者かもしれない。だから、変わったことをやる。 研究開発室 亀井 隆一
自分に素直に、本当にやりたいことに挑戦してみよう。

自分に素直に、本当にやりたいことに
挑戦してみよう。

タイカに入社する前は、化学系メーカーの技術部門に17年勤めていました。転職直前には生産課長という重要なポジションを与えていただき、大変ありがたかったのですが、反面、労務管理や地域交流等が増え、エンジニアや開発職、研究職とはイメージの異なる業務が多くなりました。そもそも新しもの好きであり、若い頃に行なっていた開発業務に、もう一度挑戦したいという思いから転職を考えるようになりました。しかし、年齢も40を過ぎており、管理職という立場にもなっていたため、なかなか踏み出すことができませんでした。そんな時、ふっと浮かんだのが新入社員当時の上司の言葉です。「この会社で通用しても、世の中で通用するかは別。ぜひ、世の中で通用するエンジニア、開発者になってほしい」という言葉でした。それが背中を押すきっかけとなり、また楽観的な性格もあって転職活動をはじめました。とにかく「やってみよう。ダメならダメでまた考えればいい」そんな気持ちでした。

おもしろいと思えなければ、きっと長続きはしない。

おもしろいと思えなければ、
きっと長続きはしない。

何を大事に考えて仕事を選ぶか。それは人それぞれだと思いますが、私は“おもしろみ”だと思います。正直、儲かるかどうかなんて関係なく、「なにそれっ!」と思えるようなモノを作ったり、考えたりするようなことであれば、分野に関係なくやりがいを感じることができます。おもしろくないことを継続して、お金をたくさんもらうより、おもしろいことを続けて普通にお金がもらえれば良いという考え方です。子供の頃、友達と夢中で遊んでいて、帰る時間をつい忘れてしまったなんていうことがなかったでしょうか。私は、あの感覚で仕事ができれば最高だと思っています。

失敗を恐れることなく、何にでも体当たりで挑んでいきたい。

失敗を恐れることなく、
何にでも体当たりで挑んでいきたい。

タイカは、転職者でも関係なくスムーズに受け入れてくれます。また、何でもやらせてくれる雰囲気があります。この環境で、私はぜひ新商品を立ち上げたいと思っています。そのために、まずは失敗を恐れず、否定せずに、何にでも手を出してみるようにしています。また、関係ないと思われる会議や打ち合わせ、展示会などにも出来る限り参加するよう心掛けています。いつ何時、必要なことや重要なことが転がっているかわかりません。そういう意味では、常に受け入れる体制を整え、気づけるようにアンテナを張っています。

Other Team Taica Voice

キャリア採用情報